うどんを食べたりした

うどんを食べました。ネギを少し入れて食べました。冷たくて美味しかったです。そして、勉強をしました。領主裁判権に従うことも義務とされ、相続や結婚も制限され自由に土地を離れることは許されませんでした(荘園制度)。

カトリック教会は西ヨーロッパに精神的権威を確立し、その頂点にたつ教皇は大きな権力をふるいました。教会は領主としての一面をもっており、世俗権力の介入や聖職者の堕落が問題となったため、10世紀にはフランスのクリュニー修道院を中心に教会改革運動もおこりました。

中世のヨーロッパでは、キリスト教が大きな影響力をふるいました。ローマ教皇を頂点とする階層的な教会組織が確立され、封建社会が安定するとともに教会は領主としての力も手に入れました。

修道士は禁欲的な生活をおくりながら積極的な布教活動をくり広げ、神学者は神学の体系化をすすめていきました。その結果、一般民衆のキリスト教信仰もしだいに深まり、10世紀末からは聖地巡礼の旅がさかんになりました。http://logiclord.com/