アスレチックで張り切り過ぎた親父

今日は家族三人と実家のじいちゃんばあちゃんの5人で栃木県佐野のみかも山というところに行ってきました。山と名がつくので登山がメインかと思うかもしれませんが、子供が遊ぶアスレチックがあることでも有名なのです。

娘は3歳で、とにかく公園で遊ぶことが好きです。そういう理由もあり今回のゴールデンウィークはみかも山に決まったのです。

車で向かい到着するとミニ列車の搭乗口があります。ミニ列車に乗り、山の中腹にあるアスレチックに向かいました。道中山の木々の新録が非常に綺麗で見惚れてしまいました。

今の時期は藤もきれいですね。アスレチックに到着すると娘は脇目も振らずに走って行きました。彼女にとってはユートピアに見えたことでしょう。

怪我しないように見張りながら私たちもアスレチックで楽しんでいました。そこには大きな蟻地獄風の滑り台があり、子供達が登ったり滑ったりしていました。

娘をそこに降ろしたところ、高過ぎて登れないから抱っこしてと言われました。私は抱っこした後助走をつけて蟻地獄を一気に登りました。

しかし最後の最後で滑って転んでしまい、娘をかばったため手足を思いっきり擦りむいてしまいました。こんな怪我は子供の頃以来です。

痛くても懐かしく、童心に帰った連休でした。インナーブランの口コミ・効果※デリケートゾーンの臭いケアはインナーブラン