経済やスポーツについて

勉強をしました。スポーツが経済との結びつきを強めるようになるにつれ、企業が子どもたちのスポーツ大会を支援したり、選手の競技生活を支えたりするなど、スポーツの発展に寄与するようになりました。

しかし他方で、企業やメディアはスポーツは商品化し、スポーツの世界には商業主義(もうけ主義)がはびこるようになりました。

とくに競技スポーツでは、スポンサーとなった企業やメディアが、IOC(国際オリンピック委員会)やIF(国際競技連盟)に巨額の放送権料にみあうような、見ていておもしろい試合を望むようになりました。

そのためときには、ルールの改変や自国のゴールデンタイムにあわせた競技運営を強いるようになりました。また、商業主義は選手にも影響を与え、どのような手段を使ってでも勝とうとする勝利至上主義を生み、名声やばくだいな賞金のためにドーピングなどをおこなう選手があらわれるようになりました。

スポーツの世界に商業主義がまんえんすれば、スポーツの本質はゆがめられていきます。旦那の頭皮臭が臭い