「未分類」カテゴリーアーカイブ

ビザンツ皇帝などについて

勉強をしました。11世紀後半、セルジューク朝の圧迫をうけたビザンツ皇帝がローマ教皇に救援を求めてきました。教皇は当時、皇帝や国王に対して強い指導権をえていたので、これを機に聖地奪回をめざす十字軍を提唱しました。

この背景には、西ヨーロッパの封建社会が成熟し、外部へ勢力を拡大しようとする気運が高まったこともありました。11世紀末の第1回遠征では聖地イェルサレム奪回に成功しましたが、その後イェルサレムはイスラーム勢力にうばい返されました。

そのため、遠征は13世紀までくり返されましたがあまり成果はあがらず、教皇の権威は衰えをみせはじめました。また、遠征に参加した諸侯の没落がすすみ、各国で王権が強化されることになりました。

11世紀ころから農業技術の革新や土地開墾により農業生産が高まり、十字軍の遠征によって遠隔地商業も発達し、「商業の復活」がはじまりました。

繁栄する都市は自治権を獲得し、商工業の発達は貨幣経済を普及させて、やがて封建社会を土台からくずしていきました。農民のなかにも、経済的に豊かになり、自営農民になるものも出てきました。薄い一重を二重にする方法

うどんを食べたりした

うどんを食べました。ネギを少し入れて食べました。冷たくて美味しかったです。そして、勉強をしました。領主裁判権に従うことも義務とされ、相続や結婚も制限され自由に土地を離れることは許されませんでした(荘園制度)。

カトリック教会は西ヨーロッパに精神的権威を確立し、その頂点にたつ教皇は大きな権力をふるいました。教会は領主としての一面をもっており、世俗権力の介入や聖職者の堕落が問題となったため、10世紀にはフランスのクリュニー修道院を中心に教会改革運動もおこりました。

中世のヨーロッパでは、キリスト教が大きな影響力をふるいました。ローマ教皇を頂点とする階層的な教会組織が確立され、封建社会が安定するとともに教会は領主としての力も手に入れました。

修道士は禁欲的な生活をおくりながら積極的な布教活動をくり広げ、神学者は神学の体系化をすすめていきました。その結果、一般民衆のキリスト教信仰もしだいに深まり、10世紀末からは聖地巡礼の旅がさかんになりました。http://logiclord.com/

今日は、天気に恵まれた

今日は、雨と聞いていただので、朝からどうしようか迷っていました。雨が降っては、外で遊べない為、そしたら曇りで、何とかなりそうだったので、さっそくバーベキューを用意して開始。

その後も雨は、降らず熱くなく最高に楽しい日でした。バーベキューもステーキを買ってきて焼き美味しく頂きました。後は、とんちゃんを1時間かけて買いに行き、もやしと一味をふり、鉄板で炒めて食べました。

もう最高の1日になった。
終わり掛けに雨が降ってきましたがバーベキューも終わりでしたので良かったです。子供達も楽しんで食べていたので、明日もしようかなと考えています。

その後は、買い物に出かけました。家の中を片付けるために収納品を買ってきました。服なども出してこれでもかと言わんばかりに散らかしました。

そしたら、1年前に消えた服が出てきました。ラッキーと思い来てみたら、子供達から嫌だと言われてショック自分は、似合うと思って買ったのに難しいですね。

早く片付けて今日は、終わりです。陰部専用ソープ

経済やスポーツについて

勉強をしました。スポーツが経済との結びつきを強めるようになるにつれ、企業が子どもたちのスポーツ大会を支援したり、選手の競技生活を支えたりするなど、スポーツの発展に寄与するようになりました。

しかし他方で、企業やメディアはスポーツは商品化し、スポーツの世界には商業主義(もうけ主義)がはびこるようになりました。

とくに競技スポーツでは、スポンサーとなった企業やメディアが、IOC(国際オリンピック委員会)やIF(国際競技連盟)に巨額の放送権料にみあうような、見ていておもしろい試合を望むようになりました。

そのためときには、ルールの改変や自国のゴールデンタイムにあわせた競技運営を強いるようになりました。また、商業主義は選手にも影響を与え、どのような手段を使ってでも勝とうとする勝利至上主義を生み、名声やばくだいな賞金のためにドーピングなどをおこなう選手があらわれるようになりました。

スポーツの世界に商業主義がまんえんすれば、スポーツの本質はゆがめられていきます。旦那の頭皮臭が臭い

ドーピングなどについて

勉強をしました。スポーツにおけるアンチ・ドーピング活動を促進することを目的として、1999年に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が設立されました。

わが国でも、2001年に日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が設立され、国内におけるドーピング撲滅に取り組んでいます。

スポーツが社会のなかで注目され、経済的に大きな利益を生みだすようになると、スポーツを利潤追求の手段だと考える人たちがあらわれてきました。

オリンピックなどでメダルを獲得すると、契約している企業からボーナスが出たり、その後の契約金がはねあがったりします。

また、国によっては、平均年収の数倍に相当する報奨金が贈られたりします。経済的な利益のためだけに、スポーツを利用しようとすることは、スポーツの発展にとってはマイナスです。

また、巨大化する国際的なスポーツ大会関係者が開催都市に集まります。そのため、治安の悪化を招いたり大量の生活排水や廃棄物が生みだされ、環境に大きな負荷を与えたりするようになってきました。イビサクリームで黒ずみを美白化する